webセミナー

 
 
 最近は、コロナの影響で、講習会、例会は中止になっていました。webセミナーが代わりに行われているので良く聴講しております。先日は歯科材料メーカーYOSHIDA主催の「感染制御への取り組み」ー感染制御の基礎から歯科医院での応用まで、電解機能水を活用した歯科用ユニット給水系汚染対策ーと題して渥美克幸先生の講演で、今の状況に非常に参考になるWEBセミナーでした。
 正しい洗浄、消毒、、滅菌
 きれいな空気
 電解機能水の活用
の内容で話されました。何度も見直す事もでき、期間も2週間で有意義な時間を過ごすことができました。

 神藤歯科でも以前から感染対策にも取り組んで、スタンダードプリコーションを徹底してきております。外来環境加算の施設基準も適応しております。使い捨て出来るものを増やし、滅菌にはハンドピース専用のDACユニバーサルを使用して患者さん毎の滅菌を行い、また平行して世界基準の滅菌機を使用して完全を目指しております。オゾン水を使用した消毒にも力を入れております。給水システムとして機能水を作り出すポセイドンシステムを利用して、次亜塩素酸を診療用チェアーから流れるようにして、エアロゾル対策にもなっております。口腔外バキュームも並行して利用しております。
 最近では、空間除菌として次亜塩素酸で加湿し、換気を十分取るため、窓、ドアを開放した状態にしております、患者さんには検温と手指の消毒をお願いして受診してもらうようにして、治療前に消毒剤で洗口してもらっています。また、待合室で混まないよう予約人数も控えさせていただいております。
 早くコロナが終息して普段の日常に戻る事を願っております。そして皆さまの健康を祈念しております。
 

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています