保険医協会セミナー

 
 
 昨日は、保険医協会セミナーが、名古屋でありました。「口腔機能の低下した患者への義歯作製ポイント」と題して、わかくさ竜間リハビリテーション病院歯科科長の貴島真佐子先生が講演されました。口腔機能低下とは、加齢により口腔内の感覚、咀嚼、嚥下、唾液分泌等の機能が少しずつ低下してくる症状です。その場合には咀嚼筋のリハビリ後の義歯装着が必要になります。また、無歯額で義歯を装着してないと、舌が前方に突出したり、舌運動開始点が定まりにくく、嚥下圧もたかまらず、咽頭への送りこみも悪くなります。
 フレイル予防にも口腔機能の維持は重要になってくることを強調されていました。
9A788641-8F09-4D5C-9E51-98E6E5D77907.jpegF8A76C22-22B9-43FE-B625-4E5DC7A46359.jpeg

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています