歯周内科研究会秋季カンファレンス

 
 
 今日は大阪で歯周内科学会の秋季カンファレンスがありました。午前の部は、日本歯科大学  准教授の菅原佳広先生が「脱金パラ歯周病ケアに配慮した修復治療」ー適合と接着を追求した直接修復ーと題して講演されました。午後からは、歯周内科研究会の理事の生田斗南先生がこれからの歯科医療の方向性を国、厚労省の考え方を踏まえて示唆されました。2662FA29-864D-4206-B1A2-E323F17338CB.jpegFFBF6E8F-00DD-426F-B538-243C7591DD7F.jpeg
 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています