歯周内科学術大会

 
 
4月15日は歯周内科学術大会が福岡博多にて開催されました。「歯周内科から拡がるケア型医療」のテーマで、東京医科歯科大学臨床教授の内山茂先生が「SPTにおける炎症と力のコントロール」の演題。舘村卓先生が「3つのキーフレーズで考える摂食嚥下障害への対応」の演題。奥羽大学薬学部教授の大島光宏先生が「生物学的根拠に基づく歯周炎診断、治療のパラダイムシフト」の演題でそれぞれ講演されました。

16_1.jpg


















17.jpg

 
 
この記事のトラックバックURL:
ボットからトラックバックURLを保護しています