一般歯科

 
 

◇歯を失ってしまったら

虫歯や歯周病で歯が抜けてしまったり、外傷で歯が折れてしまった場合、
歯を補う必要があります。
そのままにしてしまうと歯が動き、噛み合わせに支障が出てきたり、噛む力
も弱くなってお口の健康も損なわれます。
たとえ1本でも全体のバランスが崩れてしまい、他の歯にも悪影響が及ぶの
で早めの治療が大切です。


◇治療方法

+ インプラント



インプラント

チタン製の人工歯根
(インプラント)を
顎の骨に埋め込み、
それを支台として
人工歯を被せる治療です。

>>>詳しくはこちら
[ 長所 ]
・かみ合わせの安定を長期間保つことができる。
・失った歯の数が多い場合にも咀嚼能力を回復できる。
・健康な歯を犠牲にする必要がない。
・自分の歯と同じように見える。
・自然の歯と同じような機能が期待できる。
・失った部分のアゴの骨がなくなるのを防ぐ。
・適切にケアすれば十分長持ちする。
[ 短所 ]
・治療期間が長くかかる。
・健康状態によって、手術がを受けられない場合がある。
・保険外治療のため比較的費用がかかる。

+ 入れ歯



入れ歯

1本から数本の歯を
失ったら部分入れ歯、
全ての歯を失って
しまったら総入れ歯となります。
[ 長所 ]
・保険診療の入れ歯を選択することで費用を抑えられる。
・比較的短期間のうちに機能回復ができる。
・手術の必要はない。
[ 短所 ]
・入れ歯を支える骨や歯の喪失を招きやすい。
・新たに歯を喪失する危険性が増す。
・長期間の使用によりアゴの骨が次第に失われる。
・数年ごとに作りかえ、または調整を必要とする。
・安定したかみ合わせを長期間維持することが出来ない。
・装着による違和感を生じやすい。
・自然な外観を損ねることが避けられない。
・発音が思うように出来ない場合がある。
・アゴの骨がやせた人の場合には安定が得られにくい。

+ ブリッジ



ブリッジ

1本〜隣り合う数本の
歯を失った場合に
行う治療です。
失ってしまった両隣の
歯を削り、支台として
連なった人工歯を装着します。
[ 長所 ]
・自然の歯と同じような外観を回復することが出来る。
・自分の歯と同じように咀嚼できる。
・かみ合わせを回復することができる。
[ 短所 ]
・土台となるしっかりとした歯が両側にないと出来ない。
・土台となる健康な歯を削らなければならない。
・土台にした歯に負担がかかる。
・複雑になるので清掃性が悪くケアしにくい。
・歯周病になりやすい。(ケアがしにくいため)
・新たに歯を喪失する危険性が増す。
・セラミックを使った審美性の回復には保険の適用を受けることが出来ない。